So-net無料ブログ作成

CDラック [オーディオ]

無垢材のスピーカー用の板が届いたのだが、
ダボを試してみたかったので、CDラックを作ることにした。
ホームセンターナフコでパイン集成材をカットしてもらって、
ダボ穴を開けた。写真は秘密兵器ダボ穴ポンチ。
DSC_1428.jpg

ダボ穴ポンチを穴に入れ、組み合わせる板を上から押しつければ、印が付く仕掛け。
DSC_1429.jpg

あっという間に、穴が開いた。
DSC_1431.jpg

とりあえず、ワトコオイルを下塗りをして乾燥。
DSC_1433.jpg

ダボを使うので、乾いたら、サンダーをかけて、ダボと木工用ボンドで接着、
と思ったらカットした木材が今ひとつ不揃いだった。
予備にあと3枚カットしてあったので、できるだけ同じサイズの板を選び、
長さを若干調整してから、下塗りせずに接着(矢印の板は塗っていない)。
ちょっと焦ったが、何となく繕った感じ。
本来ならクランプもいらない板を間に入れて使うのだが、
ケチが付いたので、そのまま使用。
DSC_1440.jpg

接着の待ち時間に、花などをパチリ。
DSC_0317.jpg

もう紫陽花の季節だ。
DSC_0966.jpg

紫陽花の陰からこんにちは、カナヘビだった。
トカゲだがしっぽが長いのでカナヘビと言う名前だと、剛が言っていた。
DSC_0954.jpg

ダボのおかげで、まあ昼ご飯を食べている間に接着終了。
後ろの板は、細ネジでチャチャッとくっつけて、
ワトコオイルを塗ってできあがり。
DSC_1443.jpg

今回分かったこと。
①ナフコのカットは精度が悪い。
②ダボ穴ポンチを使っても、ダボは正確さに欠けるが、作業は早く終わる。
③集合材のカンナかけは、継ぎ目のところに引っかかって割れるので、難しい。
なので、ナフコの木を使う場合には、卓上丸鋸とトリマーが必要だ。
ネットでカットを毎回頼むと、時間もコストも馬鹿にならないし・・・。
次はニトリでカットしてみて、ダメなら丸鋸を検討しようっと。




うちの紫陽花は・・・


大阪 [旅]

大阪の学会に行った。
往路は新幹線、「さくら」に乗った。
平日だから空いているのか? と思いきやけっこう混んでいる。
満席ではなかったので、普通の指定席へ。
さくらは、昔のレールスターと同じで指定席も2列×2になっている。
NMS_1345.jpg

花房先生にはお会いできなかったが、
(教育講演ばかり聴いていたからしょうがないんだけど)
講演の合間にしょっちゅう、花房先生のバイオリンが流れていた。
聴くのは1回だけがいいかも。
DSC_1348.jpg

恩師が大阪に住んでいるので、リーガロイヤルホテルで皆でパーティ。
40人ほど集まったが、学会初日にしてはちょっと少ない?
まあ、皆さん忙しいのでしょう。
しかしもう、退官から15年も経つのか。
DSC_1353.jpg

せっかくの大阪だから、道頓堀へ。
お〜、グリコがある。
NMS_1364.jpg

かに道楽に行こうとしたが、もう店じまいだったので、
結局、お好み焼き+パブみたいな店で飲んだ。
新進気鋭の30代で教授になったやつの話は面白かった。
NMS_1363.jpg

帰りもさくらに乗ろうとしたら、指定席もグリーンも一杯です。
仕方がないので、のぞみに乗って、博多でさくらに乗り換えた。
のぞみの指定席も満席で、仕方なくグリーンへ。
前の外人二人が、めいっぱい倒してしょうもない話をしてるから、寝れなかった・・・。
DSC_1378.jpg

3年前の看板が、まだあった。ピオーネ。
DSC_1380.jpg

博多から乗り換えたさくらはムチャクチャ空いていた。
う〜ん、どうも博多までの連中がさくらに乗るらしい。
九州に来んヤツらは、のぞみに乗れ!!!
普通指定席に乗られんやっか!!!
因みにさくらのグリーンはレッグレストが付いているのと、
同じような椅子なのだが、腰のホールド感がのぞみよりずっといい。
DSC_1418.jpg

熊本に帰り着いたが、すでに麦秋。
DSC_1424.jpg


吸音材 [オーディオ]

最初は、高音が刺さり気味だったので、
インシュレーターは木片で聴いていた。
DSC_0384.jpg

徐々にこなれてきて、高音がちょっと足りないか?
と思い始めたので、金属スパイクを入れてみた。
DSC_0479.jpg

カラヤンとリヒテルのチャイコフスキーピアノ協奏曲1番。
中学高校の6年間ずっと毎日昼休みにかかっていて、擦り込まれた曲。
51zuK90SPjL.jpg

エソテリックのSACDと聴き比べ。
SACDプレーヤーは相当検討して買わなかったが、
内緒の代替案で、どういう分けかうちではSACDがばっちり聴ける。
エソテリックがずっといいはずなのだが、
若干高音がもたついて、低音がブーミーに聞こえる。
ほんの若干だが・・・。
51UXR9YjbdL.jpg

箱を大きくしすぎて、低音の出すぎだろうと思ったので、
(サインスイープを出して測ればいいのだが、あの音が嫌いなので)
自分の耳を信じて、とりあえず吸音材を入れることにした。
とりあえず、サーモウールとシンサレートという吸音材を買った。
DSC_0807.jpg

ユニットを外していろいろする日が来ることを見越して、
ゴムはまだ貼っていない。
DSC_0844.jpg

で、吸音材を入れる前に、ワトコオイルを一塗り。
DSC_0833.jpg

吸音材は迷ったが、サーモウールを使うことにして、とりあえず半分に切った。
DSC_0837.jpg

さらに裂いて、その半分を片方に入れることにした。
DSC_0838.jpg

側面にはすでにカームフレックスという吸音材が入っているので、上面に入れることにした。
穴から押し込んで、押しつけて整えればできあがり。
貼り付けてもいいが減らすのが大変になるので、しばらくコレで様子を見ることにした。
ここで気づいたのが、10cmより小さいユニットだと、
穴を介して手では作業ができないだろうということ。
5cmならピンセットでできるだろうが、8cmは中途半端でダメだな。
DSC_0840.jpg

ユニットカバーも買ったのだが、ネジが短すぎた。
DSC_0845.jpg

吸音材の効果は、バッチリ期待したとおり。
ボリュームのつまみが今までより、余計に回せるようになり、
低音が好みの音に近づき、相対的に高音が出るようになった。
DSC_0856.jpg


最近飲んだお酒 [酒]

北一硝子で買ったフルートグラス。
泡用だが、泡は飲まないので、とりあえず白ワイン。
細身のグラスは、酸味が抑えられるので、
日本酒をスッキリ飲みたいときにもいいかな。
北一硝子はもう手ふきはしていないのだろうか?
一番薄いのを買ったが、以前買ったものよりかなり厚い。
DSC_0221.jpg

さて今日はスッキリ系の最近飲んだお酒。
十四代の高木酒造のグレイスフル。
ワインというか酒というか焼酎というか、香りも味も面白い。
DSC_1287.jpg

吟醸三十四号と柳大吟醸しずくどり。
どちらも、フルーティーな香りですいすい入る。
DSC_1296.jpg

雪男、鶴齢の子分的存在。
醸造アルコール入りで燗酒として買ったが、
冷やしてもかなり旨い。
DSC_0222.jpg

こちらは、雪男の純米酒。
淡麗辛口。
鶴齢よりこっちの方が好きかも。
DSC_0687.jpg


春の窯出し 寿芳窯 [天草]

春の窯出しなので、高浜焼き 寿芳窯まで出かけていった。
いくつものトンネルを抜けてたどり着く、天草西海岸の高浜。
五足の靴のころはトンネルもなかっただろうし、歩くのは大変だ。
DSC_0757.jpg

天草西海岸には久窯、十朗窯、陶房泰などいくつか好きな窯元があるが、
もう窯出しも終わりなので、今回は他には寄らず、一路高浜焼き寿芳窯へ。
DSC_0719.jpg

ここの窯元には感じのいい和風の庭園がある。
池には睡蓮。モネの庭とは違う風情がある。
そう言えば、ここの池でさとみが数百匹のオタマジャクシを見つけが、
今回は全く見られなかった。
DSC_0721.jpg

周りにはまだツツジが咲いている、ここら辺はまだ少し寒いのか???
DSC_0746.jpg

ここの庭には、椿が咲いている。
DSC_0738.jpg

ポトンと落ちるので昔は嫌われたようだが、
椿は散ったというか落ちた後の方がきれいだ。
DSC_0723.jpg

お目当ては三年前に買って割ってしまった、
ユニバーサルデザインの湯飲み。
なんと、売り切れ(写真は3年前)。
やっぱり窯出しは、早くいかないとダメだな〜。
残り物に福なんかない。
ということで、結局、何も買わずに退散。
この春は、何も買わなかったな〜。
DSC_9475.jpg

仕方がないので、教会群に足をのばすことにした。
富岡製糸工場が、今とっても混んでいるように、
2年後に世界文化遺産になったら、気軽に寄れないので。
まずは、大江天主堂。
DSC_0755.jpg

崎津天主堂。
DSC_0767.jpg

ついでに、かかしの小学校にもおじゃました。
人間はこの中に一人しかいません。
DSC_0780.jpg


端午節 [天草]

端午節といえば、ちまきを食べて、菖蒲の葉を飾り、菖蒲湯に入る。
うちの場合、菖蒲の葉は柱にくくりつけてあった。
普通は軒先だろうと思ったのだが、
買ってきた菖蒲の葉も少なかったし、めんどくさかったのか?
それとも、自分で塗った柱を強調したかったのか・・・。
DSC_0714.jpg

この玄関の柱、こういう状態だった。
DSC_0563.jpg

これを、連休前半に、嫁がサンダーをかけて、
DSC_0567.jpg

ひたすら塗って、
DSC_0573.jpg

さとみもちょっと手伝って、
DSC_0582.jpg

また嫁が塗って、
DSC_0664.jpg

何とかまともになった柱なのだ。
私は、何をしていたかと言えば、
脚立の制限重量を超えていたので、しかたなく現場監督。
塗料の選定、塗り方のなどなどの指導をして、写真を撮った。
ちなみに剛は、ムチャクチャするので、というか塗りのセンスがないので、
お味噌ということで・・・。
DSC_0660.jpg

五月は薔薇 [天草]

五月は薔薇なのだが、咲きすぎたというか先過ぎたというか、
まだ五月に入って間もないのに、もう薔薇も終わりだな〜。
DSC_0705.jpg

あっという間に広がるので、いい写真が撮れないでいたが、
漸くつぼみが開き始めた薔薇を発見。
DSC_0712.jpg

この百合は、カサブランカじゃなくて、何だったか?
DSC_0700.jpg

ズッキーニの花。
DSC_0710.jpg

雨後の紫蘇、芝に生えてくる。
DSC_0711.jpg